テープ起こしのやり方について

テープ起こしの作業を請け負うテープ起こし業者では、詳細な料金プランを設けていますが、クライアント(依頼人)の求める目的によって、主に3つのやり方に分かれてきます。

テープ起こしのやり方

素起こし

テープ起こしの基本的な起こし方のひとつに「素起こし」と呼ばれる作業方法があります。

素起こしは、「まる起こし」とも言われているように、会議、講演、シンポジウム、インタビューなどの音声を、そのままテキストに起こす方法になります。

分かりやすく説明すると、会話に含まれている「あのー」や「えーと」といった発声もそのまま書き起こされます。つまり聞いたままの内容がテキストになるわけです。

整文

その他には、「整文」というプランもあって、ケバ取りをしたテキストを喋り口調ではなく、語尾を「です・ます」、「である」などに整えて、意味が通る文章に直します。

いい例が有名人などが出版している自伝です。自伝は、本人の録音された音声をテキストに起こして書籍として整えるわけですが、ケバ取りだけで意味が通る文章に仕上げるのは難しいため、意味が通るように整文化しています。

ケバ取り

テープ起こしの音声の起こし方には、素起こし、整文、そして、ケバ取りと、主なプランはこの3通りになりますが、作業料金に関しては、「ケバ取り<素起こし・整文」となっているのが一般的です。

ケバ取りというのは、話の内容と全く関係のない「あー」や「えー」といった、意味のない言葉や声、言い間違えなど、不要箇所を削除・修正して書き起こす方法になります。

不要箇所の削除や修正など編集作業が必要になってくることから、料金が高くなると思われがちですが、たいていは、素起こしより若干安くなっています。

それは、素起こしでは、すべてテキストに書き起こさなければいけないため逆に手間がかかるためで、業者的にはケバ取りのほうが歓迎されるケースが多いです。

なお、作業担当者によって、素起こし・整文については、認識の違いがあるのが現状です。素起こしを依頼したら、ケバ取りに近い状態で上がってくるケースもあるようです。

はじめに

このテープ起こし(文字起こし)情報通信局では、テープ起こしの仕事に興味がある方向けに参考となる情報を配信しています。テープ起こしに興味がある方、また、在宅ワークや副業としてテープ起こしの仕事をしてみたいと考えている方の少しでも参考になれば嬉しいです。

テープ起こしの仕事とは

テープ起こしの仕事は誰でもできる!?

テープ起こしとは、講演や会議といった場で録音された人の会話を聴きながら、その内容を文字起こしする(文章に直す)作業のことをいいます。また、テープ起こしの作業を生業として有料で請け負うテープ起こし業者などの職業もコレに含まれます。

テープ起こしというのは、翻訳家など違い特別な資格を特に必要としないため、やろうと思えば誰にでもできる仕事といえます。

自宅でもできる仕事、いわゆる在宅ワークが可能ということもあって、女性、特に子供が手を離れた主婦でテープ起こしの仕事をしている方も少なくありません。

テープ起こしをひとつの職業として見ると

ただ、ひとつの職業としてテープ起こしという仕事を見た場合ですが、コレ1本で生計を立てていくことは初めのうちは容易ではありません。

どうして容易ではないかというと、まず、個人で仕事をしようと思った場合、テープ起こしの仕事自体をどうやって見つけてくるかが一番の問題になります。

例えば、テープ起こしのサイトを作ってお客さんを集めるにしても、googleの検索で上位表示されないとテープ起こしの依頼をもらうことはできません。

そのため、テープ起こしを職業にしようと思ったら、テープ起こしの会社に登録して、その会社からテープ起こしの仕事を紹介してもらうのが一般的です。

また、クラウドソーシング系のサイトに登録することで、仕事の依頼を受けることもできます。こまめに検索をすることでテープ起こしの仕事を見つけることも可能です。

テープ起こしの仕事をする上で

テープ起こしの作業では、正確性とスピード、そして、ある程度の一般教養が必要になってきます。音声を書き起こすスピードがいくら速くても、間違いが多ければ商品になりません。そのため、テープ起こし会社などが仕事を依頼したい人というのは、これらの条件をクリアできる人に淘汰されます。

また、どんな分野でもいいですが、専門的な知識を持っていると有利になります。クライアントも様々なため、医学、法律、経済、建築、流通等…、知識がある人は特に重宝されるからです。

特別な資格は必要ないこともあって、テープ起こしは参入障壁は低い業界とえますが、収入を得るにはそれなりの要件が必要になります。